6月カルミア

昨日は砂川がんサロン、カルミア~みんなで話せ場でした。
ゲストさんは19名ほどきてくださったようで、
看護学生さんたちもいて、にぎやかなひと時になりました。
この日も5つのテーブルを設置、学生さんたちはそれぞれ分かれて座ります。
私がいたところには男子学生さんがいて、
看護師を目指したきっかけを聞いてみました^^
その後、久しぶりに自己紹介をしてみたところ、
それまで知らなかったこともたくさん出され、私も聞き入りました。
乳がん発症から9年が経過して、再発された方は、フルマラソンにチャレンジしているそうです。
すてきな目標を持つことが、その人を輝かせているように思います。

ピアタイムは私がすることになっていて、
昨日はがんクイズをやってみました。
これは、日本対がん協会HPよりいただきした。
授業形式で流されていて、そのうちいくつかをピックアップさせていただいています。
☆がん細胞は大人の体の中で毎日、どのくらいできているでしょう。
A 千個以上 B 10個以上 C ゼロ
正解はAです。
先日参加した難治性がん啓発キャンペーンで講演してくださったドクターは、
体重60キロの方には60兆個の細胞があり、毎日、8千億個の新しい細胞ができている。このうち、5000個のがん細胞が発生すると話していました。毎日、5000個のミスがあるのです。そして、その5000個のがん細胞を免疫細胞が退治しています。その中でひとつでも退治できなかったものががんになるのです。
このお話を聞いて、人間の体はすごいんだと改めて思いました。5000個のミスを修復するのですから。いろいろな要因が重なって、がんが発生することはそれほど特別なことではないとも感じました。
最後の質問は
がん治療で2週間に一度の治療が必要な場合、働き続けられると答えた人はどのくらいいるでしょう。
A 28.9%  B  47.2%  C  68.1%  D 89.1%
残念ながら、正解はAだそうです。
治療を受けるためには大きな負担もあります。
もっと病を得た人にやさしい世の中になってほしいですね。
10分ほどのピアタイムでしたが、みなさん、真剣に聞いてくださいました^^
その後、学生さんとピアサポーターは席替えして、
また話が弾みました。
次回は7月12日。
またたくさんの方がきてくださいますように。

ハピネス・ステーション

昨日、旭川で行われた婦人科がん交流会、
ハピネス・ステーションに参加してきました。

これからも、
毎月第2土曜日、
旭川市ときわ市民ホール
http://www.asahikawa-dpc.co.jp/7Tokiwa/tokiwaaccess.html
午後2時から4時まで行われます。

予約不要

会場費がかかるので、
ひとり100円を集めます。

女性だけの悩みも話せる場所なので、
体験者のみ、
ご家族はご遠慮いただきます。

今回は10人ほどの方が集まって、
和やかに、交流しました。
卵巣がんの方は、私を含めて3人。
そのうちおひとりは、胸水もたまって、余命まで言われた方ですが、抗がん剤治療、手術を受けて、元気になっています。

女性のがん、特有の喪失感があり、
また、欠落障害など、置き土産もあって、
体験者だからこそ、
うんうんと、うなづけるものがあります。
たくさんの方が心のうちを話して、
笑顔になれるといいですね。


交流会の前、仲間とランチ≧(´▽`)≦
これもしあわせ

ちょっと寒い

今日はこれから旭川で再開?される、
婦人科がん話せ場、ハピネスステーションへ行きます。
ちょっと寒いです( ̄▽ ̄)

昨日は夫の誕生日でした。
再任用で働いてくれているので、
ふたりでお祝いしました。











夫婦ふたり、普段はけっこう節約していますので、
こんなときくらいはね。
と、ごはん作りをサボります(╹◡╹)

カウンター席。
板さんも接客さんも、ほとんど笑わず、
ちょっとどきどきしましたが、
帰り際に、
とても美味しかったですと言って笑うと、
嬉しそうに笑顔を見せてくれました。

お料理がとても美味しかったので、
ちょっと飲み過ぎたかも(^ω^)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

無事に終了(⌒▽⌒)

昨日、難治性がん啓発キャンペーンが
無事終了しました。
ちょっと気軽に実行委員を引き受けて、中に入ると大変さがよくわかりました。
もちろん、ほんのわずかしか携われていないんですが。

昨日は受付担当で、たくさんの方がきてくださったこともあり、全体会に入ることはできませんでした。

グループセッションは肺がん分科会をお手伝い。
お話はとてもわかりやすく、もっとたくさんの方に聞いてもらいたいと思いました。
セミナーの後、ドクターを囲んで患者さんの不安や疑問に応えていただきました。

昨日はすい臓がん関連の参加が多かったように思います。肺がんは患者数が多いのですが、いまひとつ危機感が浸透していないような気がします。
喫煙をなかなかやめない兄にも知ってほしいことがありましたねぇ。

このイベントを通して、
またすてきな方との出会いがありました。
だんな様をすい臓がんで見送られた方からは、
素晴らしい夢を伺いました。
別の方は打ち上げを退席する私を、
暖かい笑顔で見送ってくださいました。
ゆっくり話すことはできなかったものの、
お久しぶりの友人と会えましたし、
とても楽しいひと時を持つことができました。

そうそう、
長くがんの活動に携われている方とは、
いつまでやるんでしょうね、私、と、
笑いあいました。
もちろん、その方は、私などとは比べ物にならない活動をされています。

すてきな時間を持つことができて、
感謝しています。

うろうろしていて、写真がなーい\(゜□゜)/

難治性がん啓発キャンペーン第1部

昨日は難治性がん啓発キャンペーン第1部。
私は無事ではありませんでしたが笑
無事に、そして楽しく終了しました╰(*´︶`*)╯♡

まずね。電車の中で、
キップがなくなってしまったんです
なぜなんでしょう。いくら探しても見つかりません(;゜0゜)駅員さんに往復キップを見せて、許してもらいました。

さてさて、キャンペーン。
準備は慌ただしく行われ、
オープニングには、太鼓ユニットのナーダミックスさんがすてきな演奏を披露してくださいました。ちょっとテンパっていた私もここで深呼吸。

司会のサブには学生ボランティアさんがついてくれて、連絡事項をアナウンスしてもらいました。
とてもめんこい@かわいいの北海道弁です方で、一生懸命やってくれました。

キャンペーンはまず、北海道の現状をがんセンター院長から話していただきました。質問には、アメリカ牛肉の危険性について話題が出ました。ホルモン剤を使っている場合、やはり影響が懸念されるようですね。

そのあとはパーソナルカラーセミナー。
ご存知の方もたくさんいるかと思いますが、自分に合った色を選ぶことで、ずいぶん印象が変わるんです。色のパワーってすごいですよね。
このとき、通りかかった方に、
これはがんと関係があるんですか?と聞かれました。がんの治療を受けて、顔色が悪くなったりすることがありますよね。私は抗がん剤治療のとき、シミがたくさん出て、高い化粧水を使ったこともあります。お金が続きませんでしたが( ̄∇ ̄)

午後からはミニレクチャー。
がんクイズ、肺がん、すい臓がん、緩和ケアについて、わかりやすいお話がありました。
がんクイズのとき、学生ボランティアさんに感想を言ってもらいました

それから体験談。
息子さんが肺がんを発症され、患者会にも、このキャンペーンの実行委員でも頑張っている方、もうひとりはすい臓がんを発症、パンキャン北海道の代表をされている方の思いが話されました。
このときには私も感情が入り過ぎて、言葉につまりました。

会場内では色々な情報提供、展示、難治性がんと生きる写真展、就労相談、がんカフェも設置されていました。

皆さんにお願いした言葉も、手作り感満載に出来上がりました(o^^o)


卵巣がんについての資料も置かせてもらいましたが、やはり引用を明記した内容のみになりました。いろいろ難しいんですね。

途中で足がつってしまい、よろよろしましたが、何とか無事に終了しました。みんな、良かったよとなぐさめてくれました( ̄∇ ̄)
司会進行していたため、ほとんど写真は撮れませんでした。
打ち上げには学生ボランティアさんも参加、とても楽しいひとときでした。

次回は6月3日。
この日はセミナー中心で、プロの美しいキャスターさんが司会してくださります
私は受付でお手伝い。
ええ。大仕事は完了です(o^^o)



プロフィール

トマト

Author:トマト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR