難治性がん啓発キャンペーン第1部

昨日は難治性がん啓発キャンペーン第1部。
私は無事ではありませんでしたが笑
無事に、そして楽しく終了しました╰(*´︶`*)╯♡

まずね。電車の中で、
キップがなくなってしまったんです
なぜなんでしょう。いくら探しても見つかりません(;゜0゜)駅員さんに往復キップを見せて、許してもらいました。

さてさて、キャンペーン。
準備は慌ただしく行われ、
オープニングには、太鼓ユニットのナーダミックスさんがすてきな演奏を披露してくださいました。ちょっとテンパっていた私もここで深呼吸。

司会のサブには学生ボランティアさんがついてくれて、連絡事項をアナウンスしてもらいました。
とてもめんこい@かわいいの北海道弁です方で、一生懸命やってくれました。

キャンペーンはまず、北海道の現状をがんセンター院長から話していただきました。質問には、アメリカ牛肉の危険性について話題が出ました。ホルモン剤を使っている場合、やはり影響が懸念されるようですね。

そのあとはパーソナルカラーセミナー。
ご存知の方もたくさんいるかと思いますが、自分に合った色を選ぶことで、ずいぶん印象が変わるんです。色のパワーってすごいですよね。
このとき、通りかかった方に、
これはがんと関係があるんですか?と聞かれました。がんの治療を受けて、顔色が悪くなったりすることがありますよね。私は抗がん剤治療のとき、シミがたくさん出て、高い化粧水を使ったこともあります。お金が続きませんでしたが( ̄∇ ̄)

午後からはミニレクチャー。
がんクイズ、肺がん、すい臓がん、緩和ケアについて、わかりやすいお話がありました。
がんクイズのとき、学生ボランティアさんに感想を言ってもらいました

それから体験談。
息子さんが肺がんを発症され、患者会にも、このキャンペーンの実行委員でも頑張っている方、もうひとりはすい臓がんを発症、パンキャン北海道の代表をされている方の思いが話されました。
このときには私も感情が入り過ぎて、言葉につまりました。

会場内では色々な情報提供、展示、難治性がんと生きる写真展、就労相談、がんカフェも設置されていました。

皆さんにお願いした言葉も、手作り感満載に出来上がりました(o^^o)


卵巣がんについての資料も置かせてもらいましたが、やはり引用を明記した内容のみになりました。いろいろ難しいんですね。

途中で足がつってしまい、よろよろしましたが、何とか無事に終了しました。みんな、良かったよとなぐさめてくれました( ̄∇ ̄)
司会進行していたため、ほとんど写真は撮れませんでした。
打ち上げには学生ボランティアさんも参加、とても楽しいひとときでした。

次回は6月3日。
この日はセミナー中心で、プロの美しいキャスターさんが司会してくださります
私は受付でお手伝い。
ええ。大仕事は完了です(o^^o)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トマト

Author:トマト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR