街なかカフェ



昨日はなおみちゃんといっしょに、札幌地下歩行空間で行われた街なかカフェに行ってきました。
がんと暮らしの知恵いろいろ
たくさんのパンフレットや相談コーナーが設置されていて、
ミニ講演会も行われました。
まずは、在宅医とご家族を在宅で見送った方のお話を伺いました。
すてきなお話で、旅立たれた方の笑顔が本当に素敵でした。
今は在宅で最期を迎えることのできる時代だと思います。

それでも、私はアンケートに、
最期は専門職の方にゆだねたいという選択肢を選びました。
自分自身に置き換えて考えてみると、
本当のところは難しい、つらい気持ちがたくさんあるかなと思います。
もちろん、そのときになってみないと実際のところはわかりませんけれどね。

街なかカフェにはたくさんの方がいらしていて、
スタッフさんの中にも、参加された方にも、知っている方がいました。
みんなすごいなあと思います。

ランチはなおみちゃんといっしょに、うふ^^
DCIM0003_convert_20150615160120.jpg

実はこの日、よさこいが開催されていて、
ランチの後、見に行きました。
札幌へ向かうバスも、満席、補助席^^;;だったんですよね。
屋台で見つけたイチゴ♪
DCIM0002_convert_20150615160105.jpg
凍ったイチゴを削ってあるんです♪
よさこいを見るための席は有料で仕切ってあるんですってぇ。
通りがかりのものからは、あまり見えず・・・、
写真を撮ったのですが、ちいさーくしか写っていませんでした。

私ががん治療で入院していたとき、
ちょうど、よさこいが開かれたときで、
まだ幼かった娘を連れて、夫が行ってくれました。
そのときもたくさんの人で、
夫は肩車をして娘に見せたそうです。
なおみちゃんもよさこいを踊ったことがあるそうで、
に、似合いすぎると思いました^^

またちょこっとショッピングも楽しんで、帰宅。
我が家では、今年最初の月下美人が開きました。
DCIM0001_convert_20150615160033.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした

いろいろな催しがあっていろいろな意見も聞けるのはいいですね。
うらやましいです。
私も叔母の気持ちをどうやって前向きにできるか悩んでます。
家で死にたいと初めて口に出したんですよね。
でも、家族もいない家では在宅は不可能。
遠くに住む従妹(高齢病気持ち)を呼び寄せて二人暮らしを・・・とまで言い出して、
「止めてくれ~そっちまで面倒みきれないよ~」と私の方が泣きたくなりました。

みつこさんへ

当地でも在宅で最期を・・・というのは可能になってきています。
それでも、やはり、介護する複数の人を確保しなければ難しいと思います。
実際には、大変な覚悟も必要ですよね。
それを考えると、自分の場合は、躊躇する気持ちの方が大きいです。

叔母様の気持ち、確かにそうなんでしょうね。
実際にできることではないように思います。
それでも、どんなふうに話して行くか、
どこまで思いを叶えてあげるか、
みつこさん、本当に大変だと思います。
あまり悩みすぎないでね。

こんにちは


目を凝らして 道新の写真で
トマトさん探してみました
やっぱ 居ないかな。。

毎年 月下美人、すごいですね~

ピロコさんへ

うふふ、ごめんなさい。いませんね~(笑)
とてもいい企画で、すごいなあと思って帰ってきました。
がんになったら色んなことを考えますが、
色んな人がいるんだな、色んな対策をしていてくれていると感じると、
何となく感慨深いものがあります。

月下美人、すごいでしょう^^
毎年楽しみです♪
プロフィール

トマト

Author:トマト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR