がん対策条例

現在、北海道では

「北海道がん対策推進条例」を制定するために

意見を募集しております。


くわしくは、

こちらをご覧ください。

募集は、平成23年11月11日(金)までです。

書くのが苦手なら電話でもかまいません

(011-231-4111内線25-507の永沼さん。
話を丁寧にきいてくれる人だそうです)


また、このことについて、札幌で勉強会を開きます。

がん対策条例ってなに?

条例化されたら何が変わるの?

他県と比べてどんな内容がもり込まれているの?

などの声に応えていただき、

たくさんの方のお気持ちを出していただく場です。

関心のある方はどなたでも参加できます。

日時 10月21日(金) 9時半~11時半

場所 北海道がんセンター  管理棟5階第2会議室
札幌市白石区菊水4条2-3-54

準備の都合上、参加していただける方は10月17日まで連絡をお願いいたします。

連絡先 アスパラの会事務局 田辺睦子

電話 080-6060-4091

メール tmukko@yahoo.co.jp

FAX 011-896-7660(北星学園大学 大島研究室内)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こうして

国や都道府県ががん対策に動いてもらい、誰もがどこに居ても同じレベルの治療が受けられるようになるといいですね。
そして、癌難民を無くしてもらいたいです。
又、癌予防にも力を入れてもらいたいですね。

先日のRFLの講演で、講師の先生が神戸市は大病院と診療所、ホスピス医等の連携が上手く出来ていると言われていました。
都市部だけでは無く、私のような田舎でも、そうなると、そう出来るといいなと思いました。

検診を・・・

市の機関と協会けんぽの主催で『大腸がん』検診を受けましょう!
と題してセミナーがありました。パネリストの方々がRFLくまもとの実行委員さんというとこもあり、出掛けてきました。
今や、大腸がんは男性2位、女性1位という状況と聞きました。

(大腸がんについて)初心者の私、カメラを入れなきゃぁ発見できない物だと思い込んでいましたが、そうじゃなくて、便潜血検査で判明する!ということ。目からウロコでした。(なんともお恥ずかしい・・・・)

市では女性がんや胃・大腸の無料検査が受けられるクーポンがある年齢になると送られてきます(2年前から実施)それで検診の率はかなり上がったようです。  しかしながら、若年層の女性はなかなか受けない、また費用が掛かる・・・乳がんが最近多くなったのは検診を受ける人が増え発見されるようになったからだともいえるのでしょうね。

この前も言ったけど、私は会社の定期健診で癌が見つかった!!
運良くかもしれないけど、手術した時、がん細胞は臓器の皮一枚のところまできてたの。
運良く見つけてもらって今元気にしてます。
他人事ではない!  って、やっぱ健康な人には想像もつかないのよね??

まろんさん♪

がん対策条例、北海道でも全国に広がるものがあってほしいです。
他の地域でがんばっているところは学び、
そして、北海道から発信できるものがあれば、本当にうれしいです。
そうですね。
地域格差は北海道も深刻です。
今年の手術も、やはり当市では不安でしたが、それも的中でした。
まして、市立病院でも常駐医が減少しているんです。
当市でも安心して医療を受けられるようにと思いますね。

oimoさん♪

大腸がん検診、やはり多いんですね。
潜血検査で発見できないものがあると聞いたことがありますが、
それも進行度によってでしょうか。
腸のカメラはすごく身体的に苦痛があるので、なかなか足が向きませんよね。
特に私たちのように、腹部の手術を受けているものは、癒着があることも多いので、
このカメラ、なかなか入っていかないことも多いとか。
それでも潜血検査だったら、そんなに負担がかかりませんので、
できればもっと推進してほしいです。
そちらではクーポンで検診率が上がっているんですね。
全国的に無料クーポンが配布され、検診率上昇が期待されていますが、
それも思うように上がらない実態もあります。
会社の定期検診だと、普通に行くことが多いですが、主婦になるとやはり足が遠のきますしね。
私もがんになる前はやっぱり人ごと、別世界だったように思います。
それでも今こうして、たくさんのかたが関心を持ってくれていてびっくりすることもたくさんあります。
この輪が、もっともっと広がるといいですね。
プロフィール

トマト

Author:トマト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR