手術

逃げそびれて、いよいよ手術の日がやってきました。
前日はさすがに、入眠剤をいただいて、眠りました。
早朝電車に乗り、夫と娘、札幌に住む娘も病院に来てくれました。
次女には、傷つけた本のことを頼み、
そうそう、従姉から手術のことを知らせてほしいと頼まれていたこともゆだねました。

手術室ではあっという間に深い眠りへと入りました。

でも、ドクターはものすごく大変なことになっていたようです。

私の動脈瘤の裏側には、長く癒着した血管があり、とても難しい手術となったのです。
この血管を剥離しなければ、クリップをかけられません。
このため、合計3回、9分、8分、12分、合計30分、血行遮断を行いました。
一度ずつ、9分遮断すると、同じ時間を待たなければ先に進めないそうで、
この剥離だけで二時間くらいの時間がかかったようです。
手術を一日待った、運動モニターの機械がなければできないことだったと思います。
そして、血管根元部分には、赤く腫れていて、薄くなっていた部分があり、放置すると必ず破裂するものでした。
そして、その部分にも血管がつながっていました。
このことは、最初の病院で行った検査では、まったく写っていませんでした。

手術時間は8時間に及び、
一箇所と思っていたクリップは、複雑な処置だったため、三箇所になりました。
手術室には4人のドクターが入っていましたが、腕のいい、主治医でなければできなかったかもしれません。

その後、ICUで、家族への説明がなされました。

手術は成功したけれど、このような内容で、モニターではわからない、
言語、視野、意識障害などの脳梗塞を起こす可能性のある手術だったことが話されました。

私がICUで気づいたとき、
癒着があって、手術時間が長引いたことは理解できましたが、
まさか、こんなことになっていたとは思ってもいませんでした。
家族と手を握り、取りあえず右手などが動くことを確かめました。
看護師さんは、ICUにいるときのことは、あまり覚えていないと思いますよと言っていたのですが、
とても長い時間だったような気がします。

尿管を外してほしいとか、トイレに行きたいとか、
何度か言ったように思いますが、
セカンドドクターは知らん顔して行ってしまいました。
せんせい~~~。
もちろん、無理なんですよねぇ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

遅ればせながら、ブログ開設おめでとう♪
おかえりなさーいv-22
やっぱりトマトさんには書く事が似合ってるよ。

トマトさんもご家族も良く耐え抜きましたね。
予想外の困難な手術を先生方は凄く頑張ってくれて、
後遺症も無く治してくれましたね。感謝です。
あの日、トマトさんの逃亡の手伝いをしなくてよかったわ(笑)

マンデリンさん♪

コメントをありがとう♪
いえいえ、文章もおかしくなっているけれど(え?昔から?笑)
リハビリにもなるでしょうか。
何より、みんなに励ましてもらった感謝の気持ちを伝えたいと思っています。
最初のうちは、状態についてきちんと理解できていなかったかもしれませんv-75

そうそう、あのとき、脱出のお手伝いをお願いしたかったわ・・・(笑)
手術前、普通にお話しできて、とても救われました。
術後も、大変な中、来てくれて感謝感謝です。
プロフィール

トマト

Author:トマト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR