みんなのおかげで

一日延びた手術前、気持ちを持て余していたころ、
友人が顔を見せてくれました。
スッピンだったけれど(笑)たくさんお話しして、とても気持ちが救われました。
友人はジャックラッセルテリアの本を貸してくれて、
でれーとしながら読んでいました(笑)
しかし、ふと気がつくと、本にかけられていた帯が半分くらい切れていてびっくり。
ぎゃーーーーー。ど、どうしよう。
かなり動揺した後、
今度娘が来たら、新しいのを買ってと頼もうと思いました。
手術どころではありませんでしたわ

携帯には、手術のことを知らせてあった友人たちから、
応援メールが届きました。
入院するとき、看護師さんからは、
通話はだめだけれど、影響を受けるような人はいないので、こっそりメールくらいなら大丈夫よ
そう言ってもらっていました。
暇だったこともあって(^-^)
けっこうメールもして、皆さんにもご迷惑をおかけしましたが、
たくさんの応援をいただいて、本当に感謝しています。

病室には、毎日、主治医やセカンドドクターが顔を出してくれていました。
身体は元気な私でしたが、いつも温かい言葉をかけてくれて、
これにも本当に感謝でした。

ちょうど向かいのベッドの方のところには、
あまりドクターが来ていなくて、
それも、毎日、きつい頭痛につらそうにしていましたので、
みんなで心配していました。
みんな本当は自分のことでいっぱいだったはずですが、
こうして、仲間を思いやることは、15年前と同じようにありました。

みんなのおかげで、
私も手術までの毎日を過ごせたと思います。

そして、手術前日、
ドクターには、
逃げそびれましたと言いました。
主治医は、私の背中をけっこう力強く、
ぽんぽんと叩いて、にっこり笑顔を見せてくれました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

前に進む力!!

たくさんの不安になるような説明を聞き、たくさんの同意書にサインし・・・・よく頑張った・・・・
怖かったね。

でも、前向きなプラス思考なtomatoさんだから、手術も成功し、今パソの前にいれるんだと思うよ。 私たちの声より、tomatoさんの 「やってやろう!!」 って気持ちが、「今」 にあるんですよ!!
そんなtomatoさんだから、私たちも応援しるんだよ。

RFLくまもとでも、サバイバーズトーク(初日の)に参加したんだけど、私も含めて、みんな前向きなの・・・・くじけてないの・・・・病気に対して、ナニクソッ! ってね。

無理せず、ボチボチですよ。

oimoさん♪

いえいえ、本当は根性なしで(笑)
卵巣がんのときも、怖かったけれど、
意識障害が伴う恐れがあるのは、やはりどきどきしました。
今があるのは、みんなのおかげです。
パソコンの前にいるのも、みんなへの感謝です。

サバイバーズトーク、やっぱり参加されていたんですね。
前向きな姿がたくさんの方に元気を伝えたと思います♪

そうですね、無理せず、ぼちぼちですね~。
プロフィール

トマト

Author:トマト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR