入院

心配をかけてしまうので、入院のことはあまり人には言わずにおこうと思っていました。
それでも、ひと月以上、音信不通にはできない友人たちには伝えました。
そのとき、頭部の手術を受けたことのある友人から、久しぶりにメールが届き、
色々教えてもらいました。
正直なところ、いっぱいの不安な気持ちをとても助けてもらって、本当にうれしかったです。
他の友人たちからもたくさんの温かいエールが届きました。

入院は5月20日。
手術は25日に予定されていましたが、
入院の日、これから病院へ向かおうとしていたところに、主治医から電話が来ました。
何でも、筋電図モニターとかいう機械の都合がつかず、手術は26日にしたいとのこと。

えーーーーーーーー。

それでは、入院も一日遅くてもいいのかしらと言ってみましたが、
心臓など、術前の検査もあるので、入院は予定通りとのことでした
待つのはやはり、なかなかつらいものがあるんですよね。
娘には、
その機械があった方が安心でしょう
と言われました。
もちろん、その通りなんですけど・・・。

娘の車に乗り、少し遅れて(笑)病院に到着。
いっしょにお昼ご飯を食べて、娘を見送ると、急に寂しくなりましたが、
同じ病室の方たちが温かく迎えてくれました。
脳外科の12階、そこには色々な病状を抱えた方たちがいました。
そのとき、同じ未破裂動脈瘤の手術を受ける方はいませんでした。

その日の検査は、
血液検査、レントゲン、24時間心電図。
これも予約制なので、仕方がないですよね。

その日の夕方、友人が病院に来てくれました。
すごくびっくりして、すごく心配して、
私の心をいっぱいに温めてくれました。

翌日は心エコー。

そして、その日は、遠い南の地で、リレーフォーライフが行われる日でした。
それまでの日、何度もメールのやり取りをしていました。
そのときは私もすこぶる元気で、気持ちは南へ♪飛んでいて、
病院からもエールを送りました。
お天気にも恵まれ、とても充実したリレーフォーライフとなったとのこと、
自分のことのようにうれしかったです。

翌22日の日曜日は、検査も何もなく・・・(^o^)
ひま・・・。
もしかしたら、外出しても良かったのかしらと思いましたが、
入院の日、スカートにシミをつけてしまい、
娘が持ち帰っていたんですよねぇ。。。
ちぇーーー(-_-)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トマト

Author:トマト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR