がんばらない

ちょっと重い内容です。
お疲れの方、お忙しい方はスルーしてくださいね。
そして、何回かにわけないと書ききれないと思います(^-^;

夫が眠れないと言うようになったのは何年前からだったでしょう。
最初のうちはストレスかなと思っていました。
たぶん、私の病気も、平常心でいるように見せながら、
心の中にはかなり負担がかかったのだと思います。
眠れない日は長く続き、そのうち、病院へ行って、心身症と診断されました。

薬を飲んで眠り、一時は少し楽になったように見えたのですが…、
いったんは眠っても、夜中に目が覚めてしまうようになりました。
睡眠障害というものでしょうか、日中も眠くてつらいのです。
朝は早く起きて朝食をとりましたが、出勤までの短い時間、横になって休みます。
退勤後、すぐに家で休み、夕食の時間になってようやく起きてきます。
この時間、確かに寝ていましたので、
かえって夜眠れなくなるのではないかと話しましたが、
つらくて起きてはいられないのだと言うのです。

夫は毎日つらそうで、
正直なところ、私もけっこう参っていました。
あれほど楽しんでいたゴルフへも行かなくなって、
野球の試合をテレビで観戦していても、
また負けた。忙しいのに仕事をしながら応援していたのにといらいらしました。
小さなことも気にして、
毎日、コーヒーメーカーのスイッチを切ったかと聞いてきました。
元々寒がり屋だったのですが、それもひどくなって、暖房の設定温度を上げ、
台所などで動いている私はとてもつらくなりました。
以前はあまりなかったのですが、些細なことでかーっと怒ることもありました。

どうしよう。
夫は少しずつ、確実に悪くなっている。

ある日、夫に、
一度病院をかえてみようかと言ってみました。
そんなことを言っても、仕事を休めないよ。
それまで通院していたところは、土曜日もやっていたので、休まなくても行けたんですよね。
それじゃあと、年末近く、休みの取りやすいときにしようと言って、総合病院の予約を入れました。
このとき、病院に勤めている友人がとても力になってくれました。
つい甘えてしまって、通院後も不安な気持ちをぶつけてしまったこともあるんですけどね。
ごめんなさい。ってここで謝ってもねぇ。

新しい病院には私もいっしょに行きました。
この日、ドクターから、
鬱ですねと言われました。

やっぱり、そうだったのか。
それまでにも何度か、鬱ではないかと考えたことがありました。
『ツレがうつになりまして』という本は立ち読み(笑)しました。
テレビで放映されたときは、夫が、
自分はそこまでひどくはないと嫌がりました。

鬱の診断を受けたとき、夫は少しほっとした気持ちがあったように思いますが、
同時に自分は鬱だと、ショックを受けたようにも思います。
このとき、父が旅立ちました。
あの豪雪のときで、きっとがんばりすぎたのでしょうね。
葬儀のときも本当につらそうでした。

抗鬱剤は効果が出るまで少し時間がかかるのだそうです。
夫の状態はなかなか改善されず、薬の量はあっという間に上限まで増えました。
本当に効くんだろうかと不安でいっぱいでした。

このとき、私は思い切って夫に言ってみました。
仕事を休もうよ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そぉ頑張らないの。

みんな、しんどい・・・・ね

RFLの仲間にも鬱の友人が居ます。
昨年末から今年2月位まで、症状が酷く・・・・歌手なのに歌も歌えず現在の仕事もあるし・・・・・
「私鬱なの・・・」と公言し、周りの協力を得て生活してる!  と云うのね。

私も病後、軽い鬱状態になり、半年ほど精神内科のお薬を飲みましたよ。
病後の人は少なからず、それの症状アル・・・とは云いますが・・・・それでもご主人は辛いですね。
気分を変えるために色々しているtomatoさんが浮かびます。

tomatoさんも身体が参らない程度にしてほしいと思うのですが・・・・・

ご心配ですね。

それは、ご心配ですね。頼るべき夫がご病気になってしまっては、奥様はどんなにかお辛い事でしょう。
自分に置き換えても、ほんとうに辛いです。

こう言う病気は、長くかかるようですね。親戚にもこう言う方がいて、周りの方達はご苦労されていました。

tomatoさん、旦那様に寄り添ってあげて、お二人共お体を大切にして、一日も早くお元気になられるよう祈っています。

心身共にゆっーくり

が1番大事ですよね。

私も経験して途中だし、主人も季節的に鬱があります。私事だ(^^;;

ジュピターさんいっぱい頑張って来られたんだと思います。

支えるトマトさんの負担も口で言い表せない辛さ、抱えずいっぱい吐いて下さいね。大変ですもん。
お薬が効いて、薄紙が剥がれるように楽になりますように。
変なコメでごめんなさい(^^;;

oimoさんへ

そうですね、がんと鬱も無縁ではないと思います。
できないことが増えて、命への不安ももちろん。
この一年、いろんなことがあって、
また病気で気づかされることもあったんです。
夫はだいぶ良くなっていて、
それでこのことを書こうかなと思いました。
大丈夫だよ♪いつもありがとう(^-^)

ゆめちゃんへ

ご心配をおかけして申し訳ありません。
一年が過ぎて、夫はだいぶ元気になりました。
まだこの先、薬は飲まなくてはならないと思いますが、
それでも、こうして過ごした一年を書き記しておこうかなと思いました。
重い内容ですみません。
書くことで自分の気持ちも整理できるような気がします。

あずちゃんへ

温かいコメントをありがとーーーーーーーー。
この後、夫は薬と私の愛が効いて(笑)だいぶ元気になりました。
この一年のことをここに書くことで、私の気持ちも整理できるかなと…、
すみません(^-^;;
いろんな方が心の病を体験されていますね。
閉鎖的なブログですが(笑)
私たちのことを聞いてもらえたらうれしいかな。
プロフィール

トマト

Author:トマト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR