幸せってなんだろう

先日、母のところへ行ってきました。
ベッドのすぐ上にはテレビが映っていて、
母は横になって見ていたと思うのですが、
私が病室のドアから顔を出すとうれしそうにぱっと顔を輝かせます。
そばに行くと、
ありがとう。ありがとうと言います。

少し古い写真を何枚か選んで持っていきました。
ひとつは、長女がまだ幼かったころ、
みんなで札幌の動物園へ行ったときのものです。
父はまだ60代で、
母は今の私くらいだったでしょうか。
写真の中で、とても素敵に笑っていました。
小さな長女の姿を見て、母はすぐに名前を言いましたが、
その横に写っていた私のことは、誰?と聞いてきました。
まあ、だいぶ違います(笑)

もうひとつは、それから10年以上たったとき、
遠くからきてくれた従姉夫婦といっしょに、
手打ちそばを作り、一緒に過ごしたときのものです。
とても懐かしくて、私も胸がいっぱいになります。
両親はふたり並び、お酒の弱かった父の顔が赤くなっていました。
少し白内障が進んでいるようで、小さな写真は見えにくい様子ですが、
今度行くときも、思い出いっぱいな写真を選んでいこうかな。

母は長女の結婚式をとても楽しみにしています。
でも…、
式場までは往復二時間以上かかりますし、少し気が高ぶるとつらくなることもあって、
兄と何度も話し合って、無理させないようにしようと決めました。
先日も、少し話しているうちに、
こわい、こわい(身体がつらい、苦しいという意味です)と言います。
ちょっと過呼吸を起こしてしまうのかな。
少しはリハビリもしているそうですが、
もちろん、できるだけ衰えを緩やかにという程度だと思います。

幸せって何なのでしょうね。
長く生きるだけが幸せではないと、確かに思っていて、
少しでも母の望むことを叶えてあげたいけれど、
それでも、
無理をさせて、母の命を縮めることになったらどうしよう、
長女の晴れの日にそんなことになったら…と思うと、
やはり踏み切れないのです。

ごめんね、お母さん。
いつも子供のエゴで。
もう少し、もう少し元気でいてほしいと言いながら、
何にもしてあげられずにいるね。
自分だったらどうだろうと何度も考えます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お母様が

トマトさんの顔を見られて喜ばれている姿が、母と重なって見えます。
今度、母をグループホームに入れるのですが、今朝もテレビでやっていましたが、母の終の棲家となる場所だと思っています。
本当は自宅じゃ無い事が複雑な思いでは有りますが、母も一人では家で生活できないと思っているので、その辺は納得してくれているので助かっています。
でも、「おじいさんが、はよ(早く)死んだったから・・・」と言うと、やはり家へ帰りたいんだろうな~と思います。
確かに長く生きるだけが幸せだとは思いませんが、やはり出来るなら長く生きて欲しいと思うのは、誰もが思う子の気持ちだと思います。

まろんさんへ

いつも温かいコメントをありがとう。
同じ気持ちを感じるのは、すごく温まります。
母は特養が空いたら入所する予定になっているんですよね。
自分ではできないことがとても増えています。
それでも、こうして会いに行くと、本当に喜んでくれます。
とは言っても、長くいるとまた疲れてしまいそうなんですけどね。
もう少し長く生きてほしい。
もちろん、できるだけ穏やかに。
その気持ちを捨てることはできませんね。
大したこともできず、こんなことを言っているのも恥ずかしいんですが。
プロフィール

トマト

Author:トマト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR