市民講座

今日、砂川市で行われたがん市民講座に行ってきました。
内容は
肝臓がんについて
認知症の家族ががん治療を受けることについて
がんとはどんなものか、
そして治療を受ける時の選択について、
元気なうちに考えていかなければならないことがあるんですよね。

と、まじめなスタートですが、
まずはランチから(笑)
P1010236_convert_20130126183857.jpg P1010237_convert_20130126184049.jpg
サラダとパスタ。
それにピザ♪あんどデザート。
この手はだーれ?(^o^)
P1010238_convert_20130126184227.jpg P1010239_convert_20130126205912.jpg

P1010240_convert_20130126210113.jpg P1010242_convert_20130126210246.jpg

P1010243_convert_20130126210334.jpgすごい量でしょう(笑)
4人でこれだけ頼んで、もちろん、みんなでいただきました。

このお店には庭に野鳥がやってきていました。
10種類ほどもきているんだそうですが、
私が撮った写真は、飛び立った後だったみたいで、なおみちゃんが撮った写真だけ(^o^;;;
P1010241_convert_20130126210200.jpg

体調を崩していて心配していたともだちもいっしょにくることができて、
食べましたねー。話しましたねー。
このひとときも私の財産です。

おなかがいっぱいになってから市民講座へ行きました。
頭は血流ぶそくだったようです。
そして、こちらの写真はないし(笑)

肝臓がんの原因となるのはB型C型肝炎ウィルスが主流だそうで、
肝炎にかかっているかの検査と、
その後は定期健診がとても重要だそうです。

そして、認知症の家族ががん治療を受けるとき、
どんな選択をするでしょう。
私はいつも迷いながら、親には治療を受けること、
自分自身は治療を受けないことを選んでしまいます。
がんではなかったのですが、
子供のエゴだとわかっていながら、
父にもう少し、もう少し長く生きてほしくて、
何もしないことを選べずに父を見送りました。
今は母が長く入院していて、やはりもう少し、もう少しと願います。
母は小脳梗塞を起こしたとき、かなり危ない状況だったのですが、
今はドクターも無理だと言っていたペースト状の食事をして、
私が行くと嬉しそうに笑ってくれるのです。
身勝手ですが、
自分のときは、何もしないでと夫に言ってあります。

市民講座の最後には、がんサロン、カルミア~みんなで話せ場の紹介があって、
なおみちゃんとかなーりぶっつけ打ち合わせを(笑)したのにも関わらず、
最初の自己紹介をすっ飛ばしました、わたし。
すでに、始まっているかも、認知症
会場には、カルミアにきてくださっている方も参加されていたんですよ♪

と、無事ではなく(笑)会場を後にしましたが、
そのあとはティータイム?
P1010244_convert_20130126210421.jpg
うきゃきゃ。

久しぶりの夜ネット。
心に残るいちにちを記します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おいしそう♪

楽しく過ごせてよかったですね。
財産ってよくわかります。

私も同じように親にはどんな形でも長生きしてもらいたいと思います。
自分はどうでもいいからほっといてって(笑)
お母様快復してきたことはとてもうれしいですね。
医学の進歩はすばらしくてどんどん新しくなるのに、
行政の方が遅れてるような気がします。
長生きも楽しくすばらしいと思えるようになってもらいたいと思います。

続いていますね~

美味しい物のオンパレード♪
ちょっと体重危ないよ~と自分の事は棚に上げて言ってみる(笑)

いい時間が過ごせて良かったですね。
そう言う時間は本当に大切にしたいです。

昨日の夕方から雪が降ったのですが、心配したほど積らなくてすぐに解けてしまいました。
でも、今日も寒い!
と言っても、トマトさんの所よりは暖かいよね(^^;

みつこさんへ

危険な状態なのに(笑)ちょっと続きましたが、
とても楽しくて、素敵な時間でした。

親に対する思いって、やはりありますよね。
今でも、父には、もういいだろと言われたような気がしていますが。
確かに自分のときは、生きている意味を優先したいと思いますが、
親のことを思うと、生きていてくれるだけで、
自分にとっては意味も価値もあるんですよね。
確かに行政は遅れていると私も思います。
高齢化社会、まだまだ追いつけないものがありますね。

まろんさんへ

体重すでに、危ないんです(笑)
いや、笑っている場合ではない。
それでも、がんになったからこそ、こんな時間が持てるかなと改めて実感した日でした。

こちらは雪も比較的穏やかです。
寒さは二月が本番かな。
灯油代が怖い~~~。

そぉだね・・・・

妹が人口呼吸器をつけてに1ヶ月・・・このまま、生きているなら連れてかえってね・・・と義弟と夜中(付き添いをしてたので)に話したものです。

ほんと、私たちのエゴだと思います。

モルヒネが時々切れる時は、私たちの声は聞こえていた・・と思うのね。呼吸器をつける半月ほど前から会話が出来なくなっていたので、私たちの声を耳にし、話す術がない妹は、とどかない私たちに沢山云いたかったのだろうに・・・  と悔やまれます。

もしかしたら、
早く楽にして・・・・と云いたかったかもしれない。
反対に・・そぉ、連れて帰って!!   と云ってたかもしれない。

自分はかっこよく、潔く・・・なぁんて思うけど、こと身内の事になるとそぉはいかないのですよね。
もう少し後?  いえ、近々来るであろう両親の介護、考えること多々です。

それにしても、皆んな食べるの大好きよね。
土曜に両親と芥子菜採りに・・・・帰りに以前から気になっていたレストランへ・・・
「ポークバード」と名の通り、豚と鳥専門。
大きなボールに入ったサラダ、私はハーブ鶏のマスタードソース(クリームにマスタードが混ぜたもの・・・是非作ってみたい!!)和え、雑穀米(新鮮な青菜入り)、お味噌汁、おしんこ、デザート(私は紅茶ケーキ)とアイスティ・・・で1200円でした。
今はやりのこジャレタお店で、床暖房が入ってました。

太るよぉ・・・云いたいけど、私も、止まらない!!

ビブリア古書堂の事件手帖・・・エンドロールのその回の題材の本を絵で説明してるのも、自筆のデッサンです、観てやってください。

oimoさんへ

妹さんのことは、若い、若すぎる旅立ちだったこともあって、
また別の苦しみつらさがあったことと思います。
本当に、言葉にならない思いがありますね。
自分だったらと思うこと、家族に伝えていても、
その選択をした家族は別の意味で苦しむかなと思います。
家族を思えばこそのことで、その気持ちはきっと届いていますよね。

うふふ、芥子菜とりの後はおいしいレストラン♪
危険だと思いつつ、たまにはと思いつつ、ふふふ。
いいのよ、仲間になりましょう(^o^)

ビブリア古書堂事件手帳、昨日も見ました。
エンドロールは本当に素敵で、うっとりします♪
もちろん、お名前もチェックしましたよ(^-^)
プロフィール

トマト

Author:トマト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR