お母さん

母が入院したとの連絡を受けたのは、9日のことでした。
震災の影響で、いつも使っていた血液さらさらの薬が不足して、
変更となった薬が上手く効いていないために心臓から影響が出てしまい、
小脳の脳梗塞が引き起こされてしまったとのことでした。
それでも、薬で落ち着いたとの話を聞き、翌日病院に行きました。
上の娘と二人、母のところへ行くと、最初、言葉がもつれてびっくりしましたが、
その後は話すこともできて、ほっとしました。
母は、娘の顔を見て、何度も何度も、
お祖父ちゃんのところへ行ってくれるの?
そう聞いていました。
その後、父のところへも行き、家に戻りました。

しかし、深夜、頭に水がたまって、緊急手術になったとの連絡がきました。
すっかり疲れていた私がそのメールに気づいたのは翌朝。
慌ててまた、母の病院へ行きました。
小脳は出血も起こしていたとのこと、さらに腫れてきてしまい、周囲を圧迫していたのだそうです。
これ以上腫れると、危険な状態になるとも言われ、
その後の延命処置をどこまでするか、話し合っておいてほしいと言われました。
正直、とてもシビアな物言いでした。
心の中では、薬を替えた後の対応に納得できないものもありました。
でも、母の命を預けていますので、何も言うことはできません。

今月84歳を迎える母。
それでも、
もう治療はしないと私たち子供が判断するということは、
いのちをあきらめることです。
つい先日、美味しいものをいっしょに食べて、
にこにこしていた様子を思うと、
とてもそこまで気持ちがついて行きませんでした。

いったん帰宅したところに、
また心臓に負担がかかっているとの連絡が来て、そのまま、また戻りました。
少し距離はあるのですが、娘のところに泊まることにしました。
この夜、母の孫も5人、そのうち二人はお嫁さんを連れて集まりました。
来月には、ひ孫が誕生することになっています。
母が心待ちにしていたひ孫です。

何とか元気になってほしいと祈りながら、
みんな、こんな風に見送っているのかな、そんな思いも浮かびました。
救急病棟の中で、ちょっと迷惑になりそうなくらい、
子供たちや孫たちが集まって、
お母さん、幸せだねと、
そんなことも思いました。

母の意識が戻ったのは翌日のことでした。
もちろん、喉に管が入っていて、話すことはできませんでしたが、
目を開けて、みんなの顔を見て、涙を流しました。
その後、ドクターから、
小脳の腫れが同じ大きさなので、危機を脱したことを聞きました。
壊死しただろう機能、小脳の場合は平衡感覚などが戻ることはありませんが、
この後の処置で、腫れが引いていくだろうということで、
とてもうれしかったです。
二晩娘のところに泊まって、それからようやく自宅へ戻りました。

その2日後に、改めて母のところへ行ったときには、
まだ喉の管が入っていて、とても苦しそうにしてましたが、
お母さん、もう少しだからね。
つらいけれど、もう少しだけ我慢してね。
そう声をかけました。
その夕方、義姉や姪っ子から、喉の管が外れたこと、
姪っ子の顔を見て、とても喜んでいたと連絡が来ました。

娘に、
正直、少し覚悟しなければならないのかなと思っていたと話すと、
私は大丈夫だと思っていたよ。
だって、お母さんのお母さんだから。
そんなことを言っていました。
私の右半身に麻痺が出るかもしれないと言われたときも、
娘は、きっと大丈夫、そう思ったそうです。

元気になれたことで、
もう少し、親孝行することができそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

少しずつ…

居た堪れない毎日だったんですね。

お母様、それにトマトさんも、一日も早く快復されるのお祈りしてます!
無理はしないこと。

oimoさん♪

そうなんです、けっこう堪えました・・・。
いつかくる別れ、そのためにも元気でいなければと思っていましたが、
急にこんなことが起きるとやはり動揺します。
母もゆっくりと、私はもう少し早く、でも焦らず、
皆さんの応援をいただいて元気に向かっていきますね。

ご無沙汰しております

トマトさん、ご無沙汰しております。
Σ( ̄□ ̄;)・・・そんなことがあったとは!!
遅くなってしまいましたが、お母様少し回復されたとのことで
安心しました(*^_^*)
慌しい日々を過ごされたのですね・・・。
どうかトマトさんもゆっくりされてくださいね☆

ももんちゃん♪

温かいコメントをありがとう。
しばらくメールが来なかったので、しばらく、
今日、メールしてみようか、明日、メールしてみようかと思っていました。
ももんちゃんが忙しいのかな、負担をかけると思って気にしているのかな、
それとも、呆れているのかな(笑)などと、色んなことを考えたりして~。
母が少し落ち着いたので、今週は身体を休めることにしました。
かなり行っていたので、お財布も休めなければ・・・v-402

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

トマト

Author:トマト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR