別れもいっぽずつ

昨日は父の四十九日でした。
そして、叔父の葬儀。
従姉がどんな気持ちでいるかなと思うと、眠れませんでした。
先日お父様を見送られた友人も、
そして、もっと早くに別れをしなければならなかった友達も、
どんな気持ちでいたのかと、改めて思います。

父の四十九日は、自宅で行いました。
その後、納骨堂に父を送っていきました。
11月にできる新しいところにお願いしてあって、
今回は仮住まいです。
お墓は名寄にあるのですが、
少し遠いこと、
いつまでも見守っていけるわけでもないねと、
兄と話しました。

それでも、やっぱり切ないものですね。

別れもいっぽずつ、と思います。

脳梗塞で不自由な生活も長かった父ですので、
もちろん、介護はきれい事だけではありませんでした。
もう少し、もう少しできたことはなかったのかなと、
できなかったものには、そんな悔いが残ります。
それでも、今は、いっぱい楽しかったことだけを、
これからも父に話しかけて行こうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした

本当に1歩ずつ前に進む感じですね。
昨夜久しぶりに母の夢を見ました。
夢の中の母は手作りのお守りを両手いっぱい持ってまして、
どんだけの人を守るんだ?と笑ってしまいました。

みつこさんへ

みつこさんがどんな思いでいたかも、今になって改めて思います。
言葉に尽くせない思いがありますよね。
お母様、夢の中でお守りを持っていらしたとは、
きっと、たくさんの愛する方たちみんなを
今も思っているのでしょうね。
プロフィール

トマト

Author:トマト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR