そのとき

再放送だったそうなんですが、
先日テレビで、認知症の方たちに思い出を聞く治療が紹介されていました。
次々に失われていく記憶の中で、平常心を保てなくなる方が多い中、
昔の楽しい話を聞くのだそうです。
この治療で、患者さんに笑顔が戻ることがあるのです。
介護されている方も治療に付き添い、
いっしょに笑顔になっている光景を見て、素敵だなあと思いました。
どんなときも、話を聞くことは大切なんですね。

そういえば、今年のお正月に夫の実家へ行ったとき、
次女が義父の昔話を聞いていました。
認知症にはなっていない義父ですが、
長い農業生活で負担がかかり、背骨が圧迫されて、
足のしびれ、身体が思うように動かすことができないなどの症状と、
若いころに受けた輸血が原因で感染した肝炎が肝硬変まで進んでしまい、
老人性鬱が出ています。
その日は次女を相手に、とても楽しそうに話していました。
ついつい、
車いすの人だっているんだから、
今家にいて、できることがあるだけでも幸せなのにね
などと心の中で呟いていたので、反省しました。

楽しい思い出話、
そのときがきたら、私は何を話すでしょう。
と、ちょっぴりこれまでの日々をふりかえったりしています。

って、
いつまで生きる気でいるんでしょう、わたし^^
スポンサーサイト
プロフィール

トマト

Author:トマト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR