願い

土曜日、母の妹である叔母が、従妹たちに連れられて母のところへきてくれました。
年齢が離れていることもあって、母のことを姉と言うよりも母親のように感じてくれている叔母です。
深く眠っていたらどうしようと思いながら、私が少し早めに病院へ着くと、
母はぱっちりと目を開けて、
ああ、きてくれた
そう言いました。
母は私の願いを感じてくれたのでしょうか^^

叔母たちが到着する前に、車いすで談話室へ移動して、
壁に貼られていた写真に母を見つけて話しかけ、
棚にあった週刊誌を取って、母に見せました。
しばらく口にしなかったことですが、
母は、
うちに帰りたくなったわ
そんなことも言いました。
帰りたいと言われるのも切ないことなのですが、
そう言わなくなることも、やはり悲しいことでした。
勝手な思いなんですけどね。

叔母は母を見て、
元気そうで良かった
うれしい
そう言ってくれました。
従弟は、
伯母さんが自分を見て笑ってくれた
とにこにこ。
こんなに長く、言葉を返してくれたのも久しぶりのことでした。
もしかしたら、父も見守ってくれていたのかもしれませんね。
ありがとう、お父さん。

病院を出てからみんなでお蕎麦を食べながら、
思い出話をしました。
従妹は東京に移り住んでから何度も引っ越ししているのですが、
私の両親は、その全部にお邪魔していたそうです。
ちょっと冷や汗をかきそうになりながらお礼を言うと、
従妹は伯母さんたちがきてくれて、とてもうれしかったと笑顔を見せてくれました。
いっしょにディズニーランドへ行ったこともあって、
従妹の娘さんはそのときに母が買ったぬいぐるみを今も持ってくれているそうです。
とてもうれしいことでしたが、
もう大学生、もうお別れしてもいいよ^^
今度会ったらそう言おうと思います。
みんな、みんなありがとう。
たくさんの思いがつながって、心を温めてくれました。

翌日は今シーズン初ドーム^^
夫、連れて行ってあげるから
私、付き合ってあげるのよ
と言いながら札幌ドームへ向かいました。
ふふふ、少しは従妹を見習わなくちゃね^^

この日のファイターズは快勝♪
ホームランも三本出て、みんなでエキサイトしました。
新しい大型スクリーンもご機嫌^^

何と甲子園も北海道代表校が勝ち進みました。
みんながんばれ♪
DCIM0001_convert_20150330100426.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

トマト

Author:トマト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR