いのち

今朝、あまりにもつらい出来事が報道されていました。
がんになって、命の大切さをそれまでよりも強く感じ過ごしてきた年月。
たくさんの方を見送りましたが、みんな、みんな精一杯生きて、
私の心に灯りをともしています。
命はたったひとつ。
自分たちの求めるところで脅かしてはならないと思います。
とても動画を見ることはできませんが、
どうか、作り物でありますように。
スポンサーサイト

今日は雪



昨日は父の命日。
とてもきれいな青空で、三年前も当地はこんな風だったなあと思いがよみがえります。
少し離れたところから北海道いっぱいが大変な大雪だったんですけどね。

信仰薄いわたしたちきょうだい^^
三回忌を終えてちょっとほっとしたこともあってか、
今年は連絡を取り合うこともなく、お互いの家で手を合わせました。
本当は兄の家に送ると良かったのですが、
こうしてうちで話しかけるのもいいよね。
小さかった長女を抱っこして、とてもいい笑顔で写っていた写真を選び、
お花の横に並べました。

父は短気なところも頑固なところもありましたが、
孫たちを本当にかわいがっていました。
どこへ行くのも母といっしょで、きっとさびしいかなと思います。
それでも、もう少しがんばってね。
大好きなお父さんを忘れることはないから。

阪神大震災から20年。
テレビには、ずっと震災の様子が映し出されていました。
震災の年に生まれた方が成人式。
命を愛おしむ思いがあふれていて、
つらくてさびしくて、そして温かい気持ちがいっぱいに伝わってきました。

大好きな叔父さん

昨日、叔父の葬儀に行ってきました。
札幌の南の方に住んでいて、先日温泉に行ったときにそこを通っているんです。
定山渓に泊まった早朝、旅立ったそうで、不思議なものを感じます。

叔父は母の妹の連れ合いです。
東大を卒業して北海道に就職していて、とても聡明な人でした。
私が就職するときにも、いろいろサポートしてくださって、
叔父がいなければ、私は夫にも会わず、
違う人生を歩いていたと思います。

叔父は、まったく偉ぶらない人で、
父のことを兄さん、兄さんと言って、いつも立ててくれました。
父は早くに親を亡くしていて、早くから働いていましたが、
少しも引け目を感じるようなことがなかったのは叔父さんの心配りのおかげです。
両親は、叔母たちといっしょに温泉や釣りに行き、麻雀をしたりして、
本当に楽しそうに過ごしていました。
そうそう、いっしょにハワイへ行ったこともあるんですよ。
言葉に尽くせないほど感謝していますが、
何の恩返しもできずにこの日を迎えてしまいました。

食道がんを発症したと聞いたとき、お見舞いに行きました。
放射線治療と抗がん剤併用で、さぞつらかったと思いますが、
私の顔を見ると、病室から出て、コーヒーをごちそうしてくれました。
父の一周忌のときは、体調も十分ではない中きてくれて、
母のところへもいっしょに行ってくれました。
素敵な帽子がとてもよく似合っていて、
叔父さんはいつもダンディだねとみんなでほめると、
そうか、もうひと花咲かせるかなと、
にっこり笑ってくれました。
亡くなる前の日、従妹のだんな様が東京からやってきて、
もう梅が咲いている、もうすぐ桜なので見にきませんかと言うと、
それじゃあ、体力もつけなくてはと言って食事もしたそうです。

食道がんになって、一時は治まっていたものの、
その後、転移も広がっていたので、
従弟は、もしかしたら、何か書き残しているかなと探したそうですが、
何もないんですよ~と言っていました。
叔父らしいと思います。
叔父は明日も生きるつもりで笑顔を見せて、
穏やかに旅立ったような気がします。
色々な形があることを、しみじみ感じさせてもらったように思います。
最後までたくさんのことを教えてもらいました。

私にとっての2013年

まだまだしなければならないこともあるのですが、
年賀状を投函してちょっと、今年を振り返ったりしています。
還暦イヤーだった2013年、本当に色々なことがありました。

まずは父の一周忌からスタート。
身内だけのものでしたが、無事にすませることができたように思います。
まだ父が夢に出てくることがあるんですよ。
もしかしたら、父が私のことを気にかけてくれているのでしょうか。
いえいえ、心配をかけているのかもしれませんね。

悲しい別れもたくさんありました。
がんサロンで知り合った友達も…。
友人の息子さんが若くして亡くなったことも知りました。
年末近くなってから、思いがけない訃報と喪中はがき。
今生きていることが当たり前のことではないと改めて思いました。

何よりうれしかったのは、長女の結婚式。
この日を見届けることができたこと、これも私にとっては当たり前のことではなく、
たくさんの方に支えられてのことだったと思います。

九州旅行に行くことができたのも、本当にうれしかったです。
夫と二人、元気で旅行することができたことも夢のようなことでした。
九州ではoimoさんに会って、たくさんたくさん話しました。
みつこさんやtomiさんに会えなかったのは残念でしたが、
また楽しみに思うことがあるのも幸せなことでしょうね。
しとやかさんとあずちゃんは北海道にきてくださって、
本当に幸せな時間を持つことができました。

不安もいっぱいでしたが、夫は復職して、無事に今年を終えそうです。
夫の元気のためにと札幌ドーム観戦に何度も行きましたね(笑)

還暦イヤーの私でも、何かできることがあるのかなと思い、
難治性がんキャンペーンでたくさんの方を前に話したことはとても大きなことでした。
ほら、内気な私(笑)
何日も前から原稿を作り、何度も何度も練習しては書き直し、
最後まで泣かずに頑張りました(^o^)v
いとこが参加していた関節リウマチの掲示板にも応援団としてお邪魔するようになって、
快く迎えてくださっている皆さんにも感謝しています。

それにしても、
今年はけっこう元気で過ごせたように思います。
昨年は五十肩もけっこうつらくて、何度も腰で寝込み、
胸が苦しくなって救急病院に駆け込んだこともありましたが、
今年はそんなことがなかったのです。
こゆきの散歩を少しのばしたこともあるのでしょうか、腰痛も鎮まっています。
先日、つるつる路面で滑ってしまいましたが、けっこううまく転ぶことができたんですよ(爆)

たくさんのことがあった2013年がもう少しで終わります。
ここに来てくださっている皆さん、
ほんとうにありがとうございます。

生かされていること

一昨日、母の病院で面談があると連絡を受け、行ってきました。
面談が三時半だったので、
友達を誘って、ランチにお付き合いしてもらいました。

DCIM0090_convert_20131120100907.jpg

ちょっとヘルシー和食♪
って、この後、コーヒーにソフトクリームもいただいたんですけど(爆)
昨日の北海道新聞に掲載されていましたが、
がん患者相談支援体制整備促進事業というのが始まっていて、
そのためのアンケートが配布されていますので、
このとき、友人にもお願いしました。
北海道内の方が対象だそうです。
もし、ご協力いただける方がいましたら、連絡してください♪

楽しくてほっとするランチの後、母のいる病院へ向かいました。
途中、プリンなどを買うのにまた走り(汗)
母のところへ行くと、
迎えにきてくれた。帰る。
と言って、自力でベッドから降りようとしました。
力のあることはうれしいんですが、心配です。

さて、面談の場に行ってみてびっくり。
看護師さん、ケアマネさん、リハビリ療法士さん、薬剤師さん、栄養士さんなど、
10人以上の職員さんがずらりと並んでいました。
まずは主治医からのお話があり、
って、相変わらず何を言っているか真剣に聞かなければわからない(汗)
その後、各担当の方たちから説明がありました。

思ったよりもずっと手厚く介護していただいていると感じました。
リハビリもやっていただいていて、自力で立つこともできるとのこと、
ミキサー食ではありますが、食事もほぼ全部食べているそうです。
とは言っても、相変わらず母はがりがりに痩せているんですが。
もう十分に栄養を吸収するのも難しいんでしょうね。

少し驚いたのは、けっこうたくさんの薬を飲んでいることでした。
肌が弱いので、かゆみが強く出ることがあったんですが、
落ち着いているときはかゆみ止めも中断していいのではないかと思うものの、
薬がすぐに効くわけではないので、
また母がつらい思いをしては困りますしね。
夜に、興奮したときにうつ注射も表記されていて、
それを使うと、翌日午前中は軽眠状態だと聞きました。
切ないですね。
母が自力で脱走しようとしたら、危ないこともあるので、
少しベッドを低めにしているそうです。
少し前にできるだけ使いたくないと伝えたところ、
主治医からちょっと厳しい言葉が返ってきていたそうです。
血流の薬など、必要なものもたくさんあって、
母はこの薬で生かされているんだなあとしんみりしました。
もちろん、スタッフのみなさんの力も大きいと思います。

少し長くなりましたが…。
この日、夜中にダウンしてしまい、
昨日はおかゆと雑炊で過ごしました。
50代最後の日、少しはしみじみと思っていたんですけど、
別の意味でしみじみしたかも(笑)

今日、ついに60歳を迎え、
ああ、私も生かされているんだなあと思いました。
何度も助けてもらいましたし(^^)
周囲の方たちに、支えられて今日があることを実感しています。
赤いちゃんちゃんこは着ないけど(爆)
体調もほぼ復活したので、お寿司屋さん(まわるところ@笑)へ行こうと思っています。

お父さん、もう少しがんばるね。
お母さん、私を生んでくれて、本当にありがとう。

私と根気強く(^^)お付き合いいただいている、たくさんのみなさん、
本当にありがとうございます。
プロフィール

トマト

Author:トマト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR